ほぼ完全在宅電脳せどりの実績はこちら

今日は月曜日ですね。休日明けの月曜日は仕事始め(?)の方が多いかと思いますが、ほぼ自宅に引きこもりで淡々と作業をしている私にとっても月曜日は仕事始めです。

ただ、休日明けって、とにかくだるくなるんですよね。特に私の場合は、月曜日の午前中は使い物になりません。なので、月曜日の午前中は惰性で出来る作業を中心に行うようにしています。月曜の午前中は脳みそが眠ってますから。

電脳せどりの実績ですので、今日の午前中は、販売商品の発送作業や簡単な電脳仕入を行っていました。これらの作業は、毎日パターン化されているので、脳みそは使わずに惰性で作業する事が出来ます。

 

ほぼ完全在宅電脳せどりの実績

少し前置きが長くなりましたが、今日は直近5ヶ月の電脳せどり実績を公開しますね。これを見れば、私がほぼ完全在宅の電脳せどりで毎月どれくらいの売上を上げているのかが分かります。

ちなみに、これらの売上を達成するために掛かった時間は、およそ毎日平均3時間程度ですね。

 

uriage201503

※右クリックで拡大

 

この棒グラフを見れば、ある程度の売上が分かると思いますが、今年の2月以外は全て売上50万円以上をキープしています。(昨年12月は約63万円)

まあ、以前は毎月平均60万円以上の売り上げがあったんですが、最近ではブログアフィリの方にも力を入れているため、電脳せどりは若干サボリ気味です。

でも、せどりの場合は出品数に比例して売上も増えていくので、毎月の出品数を把握すればどの程度の売上になるかが分かってきますね。ちなみに、昨年12月の出品数は平均で350点前後、今年2月の出品数は平均300点前後でした。

 

電脳せどりはパターン化する事が可能

それと、電脳せどりはある程度作業をパターン化する事が出来ますので、慣れて来れば電脳せどりの作業時間を大幅に短縮する事が可能です。電脳せどりって、一種の流れ作業みたいな感じなので、慣れれば後が楽になります。

基本的にせどりの作業を大まかに区切れば、商品リサーチ→商品仕入れ→出品作業→発送作業という、4つの行程から成り立っていますが、私の場合この中で一番時間が掛かるのが出品作業になります。

 

まあ、これには理由があって、私の主戦場はヤフーオークション(以下ヤフオク)なんですが、ヤフオクで出品するためには、商品画像の撮影やら出品説明文やら出品カテゴリーの選択やらで、結構手間が掛かるのです。

とは言っても、出品作業も各種テンプレートを使えば、ある程度のパターン化が可能なので、要は工夫次第といったところですね。

ただ、最初からパターン化するのは難しいと思いますので、もしあなたが電脳せどりを始める場合には、まずは数をこなして作業の流れを掴む事が重要になります。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ